Life resembles one book...
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

YOU
A things to carry on its back=BREAD
ARTOGETHER

以前からパンツ(下着)を作りたいと思っていたところ
普段お世話になっている谷口隊長、古谷兄貴が『自分、参加したらええねん』
ということでコンペというものに初参加



テーマ『音パン』

参加しているのはアーティストやグラフィックの方々

自分はファッション畑の人間

何とか一矢報いたい

自分の【BUVAL】というブランドでは「主義を纏う」をコンセプトにしている

音パンというテーマからもメッセージ性の強いものにしたいと考えデザインした

それを履いているところを想像し、その上に纏うであろうものを想像し

日々の生活の中でそのメッセージが常にある様に

複数応募は可能だが一つに絞った


結果・・・採用!!


このデザインが商品化されることが素直に嬉しい



wipesネームで参加(後の方にあります)
http://www.digmeout.net/pants/list_vol3.php

採用作品解説(ブログ)
RE
 昨年、BEAMSにて展開して頂いたTRAUMEN DAY PACK (CHEMICAL DENIM)

好評のため少量ですが作りました。

サイズは約40cm X 約48cm X 約17cm(幅X高さXマチ)
大きめのDAY PACKです!

外ポケット内にはマジックテープで脱着可能な収納便利ツール

スタッズは12mm X 12mm X 10mm(縦X横X高さ)
中身が詰まっているタイプなので重厚感アリ


¥15,000(税・送料込み)

加工の特性のため一点一点表情が違う事をご了承下さい。
少量のため欲しい方はお早めに!!


お問い合わせ等はメールにて
keerah_projekt@royal.ocn.ne.jp
までどうぞ☆





RATM
MY BIGINNING OF OTOMO
LV



ラスベガスに買い付けに行った時にホテルで流れてて
1人クラブやってたのを思い出した

その時じゃないけどモーテルに泊まって
近所のマクドに行こうとして黒人三人に追っかけられた時はコワかった・・・
今では笑い話だけど
A WAY = UNKNOWN


敢えてカレンの歌声で



大切なものはとても近くととても遠くにあるけれど

近くのものは忘れがちで

遠くのものは見失いがち

近くのものに気付けば遠くのものが見えて来る

遠くのものを見据えるから近くのものが明らかになる

一歩一歩近くのものを拾っていこう

ひとつひとつ確かなものにしていこう

そうすればとても遠くだったその場所が一番近くになっている筈だから

EXPRESSION

やっぱりスゴいなぁ

個人的には暗黒乱舞が好き
TO YOU WHO LEAVE




14年位前

アメ村の服屋でバイトしてた頃

隣の隣の知り合いの店に「槇原敬之が来てる!!」って情報が入り

速攻でその店へ

当時アフロだった僕を見て『うわぁ、スゴいのが来たね 笑』って

今から考えると失礼だが弁当箱を差し出し『サイン下さい!』と言った僕に

嫌な顔もせずどうぞ!とサインしてくれた



どんなときも あの頃と変わらず服が好きでそれを仕事にしています

どんなときも あの頃と変わらずあなたの歌に力をもらっています

そしていつか誰かを介し同じテーブルで酒を酌み交わしたいものですね